もう安心!転職のお悩みはここに相談しよう

無意識に考えていること

転職にしろ今の会社で出世するにしろ、そして日常生活でも無意識のうちに考えてしまっている事柄があります。
それは、「年齢」です。
特に30代や40代のある程度の年齢に達している人は、やはりそれがネックになり、尚且つ転職に対してのブレーキにもなっていっています。
これは、男性だとか女性だとかも関係なく、誰もが抱いているお悩みです。

ですが、そんなに思いつめないでください。
実際には、年齢が理由で採用されないということはほとんどありませんし、採用する側もそこまで年齢を問題視はしていません。
ではなぜそう思うのかと言いますと、日本にはどうしても年功序列というものが根付いていますので、無意識に年齢をマイナス面と捉えている方が多いのでしょうね。

人間関係も一理ある

職場で働く際、もちろん仕事内容や賃金も重要なのですが、人間関係も大切なことです。
例え仕事が辛くても、周囲の人間関係が悪くなければ続けられるものですから。

それと同時に、実は転職に関するお悩みも、人間関係が上手くいくかという内容のものが多いのです。
特に、以前の職場を人間関係を理由にして辞めた人は、その傾向がありますし職探しにもそこに重点を置いてしまっています。
「上司からパワハラみたいなものは受けないか」とか「同僚になる人たちは良い人ばかりならいいな」とか仕事内容よりもそっちの方面で職場を比べていっています。

また職場によっては、上司や先輩が自分よりも年下になってしまう可能性もあります。
そういったときの、付き合い方についても悩まれている方が多いです。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ

TOP